http://cocobalie.salon.tm/sitemap.xml
ホーム > アロマテラピーのあれこれ
そもそもアロマテラピーとは何でしょうか?

誰しも一度は耳にしたことがある言葉だと思いますが、きちんと説明ができる方はおそらく少ないと思います。

「お部屋に香るオイルでしょ?」
「柔軟剤に入ってるよね?」

なんて声が聞こえてきそうです。
ちなみに芳香剤や柔軟剤に使用されているものは、アロマテラピーで使う精油とは全く違います。
アロマテラピーで使用する精油は天然成分100%で大変希少価値が高い植物の恵みです。

そしてアロマテラピーという言葉は、
フランス語で「アロマ=芳香」「テラピー=療法」
つまり「芳香療法」という意味の造語です。(英語読みだとアロマセラピー)

ここでは、香りによる効果とトリートメントによる効果に分けてご説明します。

まず良い香りを嗅ぐ・・・つまり芳香浴ですが、嗅覚という感覚器は聴覚や視覚とは違い、本能の脳と言われる大脳辺縁系にダイレクトに伝わります。
理屈じゃなく好き、嫌い、快、不快を判断する脳です。そしてこの大脳辺縁系は自律神経の中枢である視床下部と連携しています。この自律神経は心身の安定にかかわる神経なので良い香りを嗅ぐと、なんだか落ち着く・・・癒される・・・と思うのは理にかなっているんですね。良い香りが脳を刺激しさらには自律神経の安定にも一役買っているんです。

この芳香浴だけでも十分なリラックス効果が期待できるのですがやはりアロマテラピーの醍醐味はアロマトリートメントです。

アロマトリートメントを行うことで期待できる効果として(薬事法があるので、効果がある!とは明言できません)

血液やリンパの流れをよくする。
むくみ改善
ダイエット効果
凝りの原因の疲労物質を排出
女性特有の不調の改善
リラクゼーション効果

等々がございます。

トリートメントで使用する精油は直接お肌に触れることはできないため、植物油(キャリアオイル)に天然成分100%の精油を入れそのオイルを全身に塗布いたします。
植物油(キャリアオイル)は、その字のごとく精油を真皮層にまで運んでくれるキャリアです。
植物油(キャリアオイル)は分子が大きいため真皮層にまでは行くことができませんが、精油は真皮層まで行き血管に乗って全身に有効成分が行き渡ります。

アロマトリートメントは、もみほぐしやエステとは違います。

決して強くもみほぐしません。(精油の浸透が悪くなります)
決して化粧品を売ったり機械を使用したりしません。
そもそも、もみほぐしやエステとは目的が違うのです。
アロマトリートメントの目的はあくまでも精油を経皮吸収させ、全身に精油の有効成分を行き渡らせることです。
アロマトリートメントは部分的な箇所への集中的施術、治癒が目的ではなく、その方の心の状態、精油のお好み、体の不調等々様々なことをミックスし精油をチョイスし、トリートメントの心地よさとともに精油の有効成分を最大限に発揮させることです。

この時の「気持ちがいい」という快感は脳の働きを活性化し、ホルモンの分泌、自律神経の働き、免疫系を正常化し体調や肌の状態を正常に保つと言われています。

精油の香りを嗅ぐ芳香療法は脳にダイレクトに伝わりそれだけでもリラックス効果は高いのですが、精油を経皮吸収させることは究極のリラクゼーションと言えます。

「アロマ」という言葉は世の中に氾濫しています。
香りそのものが氾濫していると言っても過言ではありません。
エステサロン等でも精油を使っているところはたくさんございますが、この機会にどうぞ本物のアロマテラピーをご体験ください。

セラピストも、アロマを熟知している有資格者をお選びください。
アロマのプロとして、本物のアロマテラピーでお客様の美と健康のお手伝いをさせていただきます。